神秘的なもの

「かみさまとは?」

「バリバリ破れるもの」

「それは紙だな。」

「人間を鼓舞させる原動力」

 

www.youtube.com

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

寝袋を買う時の注意ポイント

アレルギー体質の人が、寝袋を買う場合、注意してもらいたいことがあります。それは返品理由にはならないということです。1個5000円のタイプは床に敷き、寝転ぶタイプのもの、1万円のものは人体の形をしており、それに包まれれば、コンビニまでいけるという優れものだったんです。当時、暖房費の節約のために、寝袋を着込めばエアコンなんていらないと思い込んでいましたからね。利便性を優先し、人体の形をした高いタイプのものを購入したんです。

 

宇宙服のように身軽に、家じゅうを歩き回る姿だけを、上沼恵美子円広志さんの「ブルースカイブルー」と妄想しながら過ごす日々、寝袋は無事到着。着用してみれば重たいのなんの、布団を着ているようでした。1時間経過、2時間経過しました。真冬の寒い時期でしたが、汗がでてくるほどでした。(これはいけるかも。)その期待はもろく壊れてしまいます。2時間を経過してからしばらく経ったころ、呼吸困難になり、喉に痛みが走りました。多分アナフィキラシーの小さい版だったのでしょう。

 

「もしも~し~」

「おねが~い、返品お願いできますか?」

「理由は何でしょうか?」

「着ていると、息が詰まってしまい、咳も出てしまうんです。」

「それは無理ですね~」

「は?」

「それは当社の製品理由ではありませんから。」

「アレルギーの人が使うと、アナフィキラシー起こすとは書いていませんでしたよね。」

「それは品質には何ら関係ありませんから。」

「でも1万円以上しているんですよ。」

「それは商品の問題ではありませんから。」

「返品してください!」

「いやです!」

「やいやいやい~だから、」

リピート×3

 

結局、返品はできずじまいでした。泣き寝入りだと悔し紛れに、もう一度トライしたら嘘のようにアレルギーなんて起こらないかもと思い直し、布団の上に寝袋を置き、一日寝てみましたが、やはり同じでした。さらに、宇宙服のようにふくらんでいたので、干したあと仕舞い込むのが大変でしたね。

 

ちなみに衣類でアレルギーになってしまったのは、この寝袋が発端だったのでした。そしてアレルギーは徐々に過敏になっていきますが、とにかくアレルギーの方が、アウトドアなどで寝袋を新調される場合、まずは古いものでもいいので使わせてもらってから買う(試用販売)または、モシモの場合は、返品可能かどうかの確認をされてから購入されることをおすすめします。

ホットケーキを3倍美味しく焼く方法

ホットケーキ、美味しいですよね!ですが、いつも思うのですが薄っぺらくなってしままうのをどうにかしたいなと。円盤みたいだなってため息をつきながら、メイプルシロップを探すのですが、結局なくてハチミツで代用してしまうのが、常でした。

 

ですが、この方法でとっても簡単に比較的、ぶ厚目フワフワホットケーキが出来てしまうので、ぜひご活用ください。

 

【コツ】

1.ホットケーキミックスの作り方と同じ材料を用意しますが、1つだけ変更します。

→牛乳をヨーグルトにするだけ!

 

焼く時はどんな風に焼いていますか?ジュージューと焼きますか?それはステーキですね。ホットケーキは最も弱火で焼きますよね。

【コツ】

2.サラダ油、オリーブ油、バターではなく、ココナッツオイルを最初にフライパンに敷いてみる。

これだけで、とっても香り高いホットケーキになりますから~。安いオーガニック製もアマゾンや楽天にありますよ。バターよりも沢山入っているので、費用対効果は高いはずです。

3.最も弱火→最も弱火の少し強めにしてみる(焦がさないように注意してください。)

→白ワイン(なければ料理酒でもOK)を小さじ2ほどを、タネを入れたフライパン回りにふりかけ(タネ自体にかけないようにしてください。蒸気を発生させて蒸すんですね。)、蒸しパンをイメージする。

→ワインを入れたらすぐにフタをするのもミソです。(お忘れなく。この時に、びっくりするくらいふんわりしますから。)

 

工夫したのはこれだけですが、とっても美味しくいただけました。例えば牛乳150mlと書いてあったところへ、ヨーグルト150mlに変えますと、水分的には少し減るんでしょうね、固めのタネになります。それが、ふんわりするんですよ。ヨーグルトケーキみたいですしね。それと、もう一つのコツがありました。(忘れていました。)

【コツ】

もう一枚食べられそうだなというところで、ごちそうさまをする。1枚目を一口残すと美味しかった思い出だけがより残りますが、その一口が食べたいんですよね。

→お腹いっぱいになりますと、あの美味しかったふんわり感がどこかへ吹き飛んでしまいますから。

 

アイスクリーム、バター、メープルシロップ、バナナ、いちご、生クリームなどをかけていただきたいですね。あと、もう一つコツがありました。ベビーチーズなどのチーズを、タネを入れたフライパンに(ワインを投入する前)に1センチ角くらいにちぎって散らすだけで、OHという出来上がり具合と、これ何?的な発見をしてもらえるのでおすすめです。

OH生姜~ちょっと日にちが経過した時の効果的な皮むき方法とは?

生姜も皮と身の間に、香りや栄養分があると言われていますが、購入してから2週間くらい経過しますと表面の皮や土がついている部分を、すりおろしたくなくなりませんか?そこで、いくつか土と皮むきをしてみました。

 

1.新しいタワシでこする

2.新しい歯ブラシでこそげる

3.包丁で皮むき(土の部分はくりぬき)

4.ピーラで3.と同じことをする

 

どれもう~ん、というとことでした。ある日、突然すごいことを発見したのです。

 

〇スプーンさん

 

そうなんです、ティースプーンです。ちいさなあのいつも使っているスプーンですね。これをミニチュアのナイフのように、生姜に使ってみてください。そうしますと、スルスルスルスルと、面白いように不必要な皮と土部分だけが、モロモロと取れてくれますから!!

 

www.youtube.com

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

理不尽な怒りの効果的な鎮め方

理不尽な怒りは、時に不眠にまで人を追い込む。一日中モンモンとしてしまい、何をしても上の空。トキメキではなく怒りも時に、上の空状態をつくりあげる。そんな理不尽な怒り、どうすればおさまるのでしょうか?

 

1.誰かに電話してしゃべくり7

2.誰かに1万文字位のメールを送りつける

3.カレンダーの裏に腹がたつ感情をかきなぐる

4.カレンダーの表に小さな文字で、怒りに至った客観的な状況と、腹が立つ感情のどちらもを書く

5.ジョギングをする

6.筋トレをする

7.ストレッチをする

8.好きな音楽や読書をする

9.甘いものを食べてみる

10.ご飯をおかわりする

 

3,4につきましては、別にカレンダーでなくてもメールでもブログでもワードでもメモ帳でもいいかと思われます。

 

よく悩みは人に打ち明ければいいといいますが、怒りを鎮圧することに特化する場合、しゃべりまくるよりも、泣きまくるよりも「書く」ことが一番効果があるそうです。

 

ある学術書では、怒りの感情だけを書き留めた人と、怒りに至った状況と感情を両方書き綴った人とを比較してみたところ、より不眠が解消されたのは両方を客観的に見れた人、つまり後者だったそうです。

 

怒っている状況とは、整理が出来ていない状況でもありますので、まずは気持ちを整理するといいようです。相談してみるのも同じ効果があるのではないかと思いますが、どうなのでしょうか?多分、100人に相談しても、100人の相談相手がその人の怒りを鎮圧してくれるわけではないから、書いた方が効果があるよということなのではないでしょうか。

 

相談つまり、誰かに話すことで失敗(不眠解消ならず)となるケースで考えられるのは、こうです。

 

・なんとなく本当に自分が言いたかった事が説明しきれていないなと感じる。

・相手のアドバイスばかりを聞いてしまうことになってしまった。

などですね。そういう意味で、書くことは自分の気持ちを実直に表せるのではないでしょうか。怒り心頭の場合、誰かに話すことよりもまずは自分と向き合うことが一番の生薬になりますので、ぜひお試しを!