読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金利の下げは何のため?

ちょっとニューストッピング

黒田総裁が金利を下げました。金利が下がることで、銀行は日銀へ預金するよりも、国債を借り入れたほうがお得だということで、国債に切り替えるのだとか。金利が下がるということはどういうことなのでしょうか?

 

金利が下がると円高になる

金利が下がると円高になります。為替レートの考え方は、1年間の米国と日本の金利によって決まります。米国と日本の金利の比率です。日本の比率が低ければ、円の価値があがるので、円高になります。

 

円高になるということは?

米国の大統領選挙は2016年の11月です。大統領選挙の後は、米ドル安になるそうです。今金利がさがり、円高になっています。大統領選挙の後はより円高になるということです。そうなると外国株式保有していれば、利益が多くなります。

 

株式市場活性化のため?

金利をさげることで、銀行や企業に投資をしやすい状況にし、株式市場を活性化し、来年の大統領選挙からオリンピックまで、日本に貨幣を集めようとしているのかもしれません。

 

輸入企業にとって有利な状況

金利が下がり、円高になれば、輸入企業にとれば好都合です。外国の原材料などは買い時ということになります。

 

金利をさげて、投資市場に貨幣が流通すれば、将来的にオリンピックで景気がよくなれば、デフレ脱却にもつながるということでしょうか。