読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道のマーケティングのすごさ

ちょっとなるほど ちょっとニューストッピング 疲れたときに効く笑い話

3年ほど前に、一度利用した北海道の鮭の通販会社。北海道の新鮮な魚介を扱っている通販だ。当時は、鮭の切り身をお正月用に買った。それ以来、毎年鮭の出回る季節になると、パンフレットが送られてくる。

 

パンフレットには、今回購入されたお客様には、特典として北海道の海でとれた、ワカメ、乾燥にぼしなどをサービスにしますなどが書かれている。よくある特典だろう。ふりかけ、ワカメ、小魚などおまけとしてつけてくれるというものだ。

 

今年のパンフレットが来た。透明なビニルに、住所のシールがはられ、中からはカニの大きな写真がA4サイズいっぱいにうつっている。鮮魚を扱う会社らしいが、買う気は毛頭ないので、パンフレットは一週間以上そのままになっていた。

 

ある日、コーヒーを飲みながら、テレビやラジオのスイッチを付ける前に、リラックスモードになってしまったので、腰が重くそのままのスタイルで飲み続けるのも手持無沙汰なので、仕方がなくサイドによけていた、北海道の某会社のパンフレットをまじまじとみてみた。封をあけようかかどうか迷いながら、コーヒーを飲んだその時だった。

 

●今、お買い上げの方には、元祖とうきびチョコレートプレゼント!

 

こんな一文が、パンフレットを開けてもいないのに、飛び込んできた。ちょうどカニの赤い甲羅部分が、背景色になっているので、余計に目立つのだった。目立つといっても、大きく書かれたものではない。A4サイズの透明封筒の中の右斜め下くらいに、3センチ角の、小さなとうきびチョコのみたことアルアル写真。文字は小さかった。よく見ないと、見過ごすくらいだった。だが、大きく書かれた文字よりも、より見つけた感があり、インパクトを与えた。

 

鮮魚&とうきびチョコレート

 

すごい、北海道のマーケティング。似ても似つかぬ組み合わせだが、カニを買おうかどうか迷っている人で、スイーツが大好きな人は、間違いなくこのお店を選ぶだろう。

 

北海道限定のとうきびちょこを、本州から通販で頼む場合、送料がかかる。レアもののとうきびチョコと、送料無料でWでお得感があるからだ。

 

これを利用して、AとBという人気商品で、今売上げに伸び悩んでいる場合、A、Bだけを単独で購入するよりも、AとBを買ったほうが、割安になるという販売方法をとれば、売上げにつながるのではないだろうか。

 

クリスマスであれば、ビーフとケーキ会社が協力し、ビーフとケーキを買えば、ケーキ、ビーフ単独よりもお得になるとするなどだ。彼女へのクリスマスプレゼントのブランドアクセサリーB社のものと、高級レストランC社で協力し、単独で買うよりも安いプランをつくるなどだ。