2月14日くらいには毎年・・・

2月14日付近になると、いつも問題になる。

 

「チョコくれや」

 

忍者のように身をつつんだ者たちは、ハロウィンでもないのにあちこちの家を、子供でもないのに、いささか悲壮めいた声で、切迫した様子で、ちょっと高田延彦さんのように、サンタクロースのようにあらわれるという。

 

誰もチョコなんてあげない。ある日、1人の少女がこっそり準備しておいた小さなキスチョコ。

 

「チョコくれや」

「はいどうぞ♪」

 

男の手は震えた、まさかもらえるなんて思っていなかったから。

「どうしたの?」

「なんでもないやい。」

 

もちろんお返しはなかった。