洗うの洗う?

歯ブラシの利用期間はどれくらいなんだろうとふと思ったので、新しいのを1本おろし、使ってみました。人によって様々だと思うのですが、私の場合は、すぐにバッサバサのライオンさんみたいに、ブラシ部分がヘシャゲてしまうのが、大体3週間くらいでしょうか。(日にちをカウントしていたわけではないので、多分です。)

 

そして、他の歯ブラシをみていると、どうやら自分だけなんだか、歯ブラシ交換時期が早いんですね。もちろん、しっかり洗っていますよ。ちなみに、人には歯周病菌と、虫歯菌があるそうです。歯医者さんにいったとき、虫歯菌が多いといわれました、そういえば。顕微鏡でみていないのに、よくわかるんだなと感心したものです。

 

さて、今は同じ歯ブラシを実はもう2か月くらい使っています。その理由はとっても簡単です。

 

・使った歯ブラシを、石鹸で毎回洗っておくと耐久性がよくなるようだ

 

昔は、歯磨き粉は、磨いた歯だけでなく、自動的に磨きながら歯ブラシもキレイにしてくれているのかな、と思っていたんですが、実は歯ブラシ自体は汚れていたんですね。

 

これは、洗い物のスポンジにもいえます。中性洗剤で洗ったあと、普通の石鹸で洗いの洗いだけで、洗い物スポンジの持ちが断然よくなりますから。

 

さらに、中性洗剤って、界面活性剤が入っているので、いつのまにか手がガサガサになるんですよね。いつもの洗い物のあと、普通に石鹸で手を洗うの洗うをしてみてください。手のガサガサ度が全然ちがいますから。

 

ぜひお試しを!

 

www.youtube.com

 

 

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」