しっぽふりながらワンワン吠えながらも笑っている犬は怒ってる?

ワンちゃんを見た時、あれ?この犬は怒っているの?それとも笑っているの?と思う時ありませんか?例えばこんな場合です。

 

・しっぽを振りながら、顔は笑っている(口角があがっている♪)しかし、ワンワンとたくましすぎる声を放ってワンワンいっている。

 

声が太ければ太いほど、怒鳴りながらシッポをふって笑っているという光景になり、ますますこのワンちゃんは怒っているのかなと思ってしまったりします。

 

しかし、この謎をとく鍵があります。

 

犬は怒りの感情がないそうなのです。人は悲しいことや辛いことがあった時、怒りの感情で立ち直ることが出来るのだそうです。辛い悲しい気持ちを怒りの気持ちで中和させて忘れるということなのでしょうか。しかし、犬は怒りの感情がないので、悲しい事や辛いことがあると忘れることが出来ません。そのため、たまりにたまってしまうと、人を噛んだり吠えたりするのだそうです。そう言えば、テレビで飼主の手に負えないワンちゃんたちのしつけをする番組がありました。そこでは、ほとんどのワンちゃんが最初は訓練士を噛むと言っていたのを思い出しました。私も昔飼っていた犬が、エサのときだけはどうしても、エサの前に水を置いただけなのに噛みに来る習性がありました。多分、捨て犬だったので、昔、エサを食べる時に何かあったんだと思います。

 

そう思うと、ワンちゃんがしっぽを振りながら、笑顔でわんわん言うのも、愛情表現だけなんだなと分かります。遊びたいけれど、なんだか怖いよという感じですね。とってもかわいいなと思ってしまいました。

しかし、むやみに触るのは要注意です。もしかまれたら、やっぱり怖かったよ~ってことなんでしょうから。そう思うとムツゴロウさんは、動物たちの怖いを取っ払ったすごい人なんだなと今さらながらに感動します。

クラウドソーシング「ランサーズ」