エネルギー革命

news.yahoo.co.jp

熊本地震から感じ取れるように、今日本中で地震が活発化してきている。

地震 電力自由化 地球温暖化 原発の安全性 各県の活性化 シェールガスの過剰生産

これらからも言えるように、原発を今の日本に設置していては危険だ。原発にかわるエネルギー供給を考えていかなければいけない。

 

再生可能エネルギー | 海外ビジネストピックス - ビジネスライブラリー - ジェトロ

http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/iten/service/newsletter/i_02_71_1.html

 

response.jp

日立製作所では、バイオエタノール発電システムが開発されている。

 

kaden.watch.impress.co.jp

オイル、太陽電池、風力など自然のエネルギーが今展開されている。

 

www.sangyo-times.jp

SOL holdingsではエタノールの原料となる植物であるスーパーソルガムでスマートシティー構想を展開している。

 

 

 

 

日本は原子力を世界に販売するだけでは、世界も地球温暖化地震や災害に配慮をするので販売出来なくなる可能性もある。そこでバイオエネルギーと2本立てで販売すればいいのではないだろうか?

 

例えば、原子力とともに、日立のバイオエタノール発電機とSOL holdingsのスーパーソルガムを日本含め、世界の県ごとに販売提供するというものだ。そうすれば安全な地方創生はもちろん、発展途上国のスマートシティー構想も実現し、平和の貢献にもなる。

 

今後南海トラフ地震もある懸念がある中で、日本はそろそろ原子力以外のエネルギーにも注目する必要がありそうだ。