読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クライアントも当たりはずれがある?

ライティング ちょっとなるほど ヨガ的考え方

クライアントの中には、高い報酬設定をしておき、対象となるKWを難しいものに設定し、通り一遍の内容にはならないようにという簡単な説明だけをしてくるところがある。そして、1記事目はトライアルなのでという名目で、高い報酬は払わないケースだ。

 

ライターとしては、トライアルの最低金額(今回は300円だったが)にもかかわらず、目先のトライアル選考後の高報酬に目がくらみ、丸一日を棒にふりながらせっせと書く。結果、クライアントからは、なんだかんだと感想をつけて終わりだ。

 

冷静になれば色々分かってくる。こんなクライアントは気を付けたい。

 

・クライアントは消去法で注文をつけてくるが、こうしてほしいという肯定的な(ライターが着手しやすい)指示をしないクライアント。自由度が高いのとは似て非なるものだ。本当に自由度が高いのは、KWもライターが選択できた上での、消去法(自由度を重視)的な注文型だ。

*トライアル報酬が、本来の1記事の報酬とはちがい、最低金額しか設定しないクライアント。

・以前、トライアルで応募したが、選考に漏れたケースで、再チャレンジなど言う場合。

 

ところで、*のクライアントのトライアル内容を受けた場合、高報酬とうたっているにもかかわらず、低報酬でトライアルを実施するクライアントの場合、ライターとしては迷うところだ。

○本来の報酬をもらったものと仮定して、記事に取り組む

○低報酬であること、案件の合否の確率は2分の1。1日の報酬(時給換算して)としては、他に仕事がなかったために、8時間かけて書いたとしよう。300÷8=37円ほど。つまり、報酬はあってないようなものだ。

→他に仕事がないのなら、趣味化して書いてしまったとなる。あえて学ぶとすれば、時間をかけたからといって、いい記事が出来上がるものでもないということだ。

 

●報酬基準(報酬で仕事に掛けるべき時間を決める)のか、内容基準(時間がある日にトライアルが来れば、時間を無視して書いていくのか。)なのかの問題になる。●についてはこのように考えるべきではないだろうか。

 

「報酬でもなく、時間でもなく記事は書かれるべきものだ。」

☆報酬が高い

☆時間がある

どちらも、ライターの気持ちをゆるめる甘いお菓子のような要素だ。これに甘んじると本来の勘や何かしらのものが、記事に反映されなくなりがちになるからだ。

 

〇トライアルの合否なんてライターは決められない

 

結局GOをだすのは、クライアントなのだからとあっさり諦めることも必要になってくる。特に時間があることと、高い報酬が重なる場合、期待値だけがどんどん膨らんで気球のようになっていくので要注意だ。

 

〇トライアルでは期待しないこと

言いかえれば、合否の否になってもあまり意気消沈しないことだ。燃料電池(モチベーション)があるうちは。期待しないこととショックを受けないことは別問題なんですけどね。

 

これにつきる。無駄に時間をかけるなら、本の一冊でも読んだほうが糧になるための回転率がいいということだ。

 

そうはいっても期待したくなるのがライターだし、ライターは生活がかかるので、ついつい目先の利益に飛びつきがちだ。だが、クライアントも当たり外れがある事も分かった。

ワードを保存せずに消去したらどうする?中身はこうやって戻す

ちょっとなるほど ライティング

何千文字も一生懸命書いていた記事。やっとの思いで仕上げたものの、保存をせずに消去してしまったことってありませんか?デスクトップやドキュメントを探すも見つからない。そんな時でも安心です!

 

1.ワードを開く

→クライアント様よりメールで添付依頼されたワードを使っている場合、あえてその添付メールを開いてしまわないようにしましょう。

→インターネットでいつもワードを作成するときに、使う場所から開くのがコツです。

 

2.ファイルをクリック

3.最近使用したファイルをクリック

 

これだけで見失ったはずのワードが出てきますので、非常事態にはぜひお試しを!

2月14日くらいには毎年・・・

疲れたときに効く笑い話

2月14日付近になると、いつも問題になる。

 

「チョコくれや」

 

忍者のように身をつつんだ者たちは、ハロウィンでもないのにあちこちの家を、子供でもないのに、いささか悲壮めいた声で、切迫した様子で、ちょっと高田延彦さんのように、サンタクロースのようにあらわれるという。

 

誰もチョコなんてあげない。ある日、1人の少女がこっそり準備しておいた小さなキスチョコ。

 

「チョコくれや」

「はいどうぞ♪」

 

男の手は震えた、まさかもらえるなんて思っていなかったから。

「どうしたの?」

「なんでもないやい。」

 

もちろんお返しはなかった。

彼女の後悔

疲れたときに効く笑い話 ちょっとなるほど

今日は恵方巻

初めて彼女が作った恵方巻

彼女は一週間前から材料を揃えだし

お昼から作り始める

 

夜になり

彼が帰ってきた

 

いただきます!

 

「今年は北向きか北北西だね。」

そう言いながら

彼は彼女に背を向けて

恵方巻きをかじりはじめる

 

彼女の不覚

 

北向きに座るいつもの彼女の席

西向きに座るいつもの彼の席

 

来年からは

彼と向かい合って食べれる

座席づくりに目覚めた彼女だった

タブーだけど挑戦してよかった話~広島風お好み焼きのキャベツなど

ちょっとなるほど ヨガ的考え方

広島焼風お好み焼きと、関西風お好み焼きではキャベツの扱い方がちがってきます。関西風では、小麦粉の中にキャベツを混ぜますが、広島風ではキャベツを生地の上に乗せます。

 

いつも広島風お好み焼きでは、失敗していたんです。あと少し蒸し時間を伸ばせばいいのでしょうが、なんせ3枚以上焼かなければいけないので、ホットプレートは、次のお客様がお待ちです状態だったんですよね。なので、ついつい早めに引き上げてしまうので、美味しいけれど、キャベツはまだ出来上がっていないとなっていました。そうなる理由として、ホットプレートのフタをすれば、蒸し焼き度は高くなりますが、皮のパリパリ感を失いたくなかったんですね。

 

ある美味しそうなレシピを参考にしてみたところ、そこにも蒸し焼きにすると書いてありました。今回はホットプレートでフタをせずとも、蒸された甘いキャベツを食べたかったので、タブーだとは思いつつ、4分の1の量の千切りのキャベツだけを耐熱容器に入れ、レンジで3分加熱してから、生地の上に乗せてみました。

 

生地はすでにフライパンでパリパリだったので、キャベツを乗せた後は、すぐに仕上げられました。パリパリの皮の中に、ジューシーなキャベツ、イメージ通り成功です。野菜のうまみが逃げるかと思いきや、べっちゃりすることもありませんでした。キャベツそのものを耐熱容器でレンジにかけると、意外に水分は抜けないものだということがわかりました。もちろん一番いいのはゆっくり蒸し焼きにすることなんでしょう。

 

それと、生地は分厚いのと、薄いのは迷うところではないでしょうか。関西風お好み焼きを食べ慣れている場合、広島風お好み焼きの生地の薄さに辟易するところもありますから。

 

●生地は薄いほうが断然美味しい。

 

生地は分厚くしてしまうと、みたらし団子?と思えるような全く違う食べ物になってしまいます。一方、生地にはじゃがいものすりおろしを小麦粉と1:1の割合で入れると、もっちもちになるのでおすすめです。さらに、キャベツのみじん切りを混ぜ合わせると、生地がフルーティーになりました。純粋な広島風お好み焼きではないかもしれませんが、いつものよりも断然美味しかったです。タブーかも知れないけれど、トライしてみてよかったことって、意外にあるもんだなと。

 

全然関係ありませんが、玉ねぎのチャツネのコツをご紹介します。料理番組では、オリーブオイルを加えたフライパンの上の玉ねぎの千切りを、木べらで忙しそうに炒めていますよね。焦げないようにそうしているのだと思っていたのですがそうではなかったようです。

 

●玉ねぎが焦げないようにする≦玉ねぎの水分を飛ばす

 

それなら、水分を飛ばすだけなら、混ぜないでそのまま置いておいたほうがいいのではないかと、フライパン一面にスライス玉ねぎを並べて放置したことがあります。ですが、飴色になってくれないんですよね。白い玉ねぎの繊維だけが残ってしまいました。

 

ある日、チャツネのコツを発見したんです。これは、チャーハンの水分の飛ばし方、天津甘栗の回転する様子から生まれたものでした。

 

●ドライヤーでヘアドライをするように、玉ねぎと玉ねぎの間にふんわり空気を入れるために、忙しく玉ねぎ同志を移動させるイメージ。

 

これが、忙しく混ぜている実態だと分かったんです。そうするだけで、焦げる事も減り、いつもより早く飴色になってくれるのでおすすめです。木べらはスライドして押さえつけて炒めるのではなく、30℃の角度で玉ねぎを移動させている感じです。

 

この玉ねぎ2個分のチャツネに豚肉、塩麹、シナモン、クミン、塩コショウを投入し、炒め直し、トマトジュース2本を入れれば、たったこれだけでとっても美味しいトマトパスタソースになりますので、ぜひお試しを。